「新譜情報!」 2015年12月9日、初のフルアルバム発売!2013年発売の2ndEP「INTO THE LIGHT」に引き続き、プロデューサーは元ANTHEM・現TYO/5X/SOLITUDE他の大内”MAD"貴雅氏。
   HEAVY METAL BAND
”VELL'zFIRE” 公式ホームページ

トップページに戻る
「TIME TO REVIVE」歌詞と対訳B
 
8、Comrade Got The Gun (Ward , Lyrics :MIKEY&TARO)

We were strong comrades in arms. But, we were injured seriously.

You gave me the only medicine. 'cause You knew that you weren't saved anymore.

And you said over and over "Please let me die".

You were tormented by unbearable pain. And I received your gun.


俺達は強力な戦士であるが、瀕死の重症を負ってしまう。

お前は唯一の薬を俺に与えた。自分は助からないとわかっていたからだ。

耐え難い苦痛に苛まれながら、お前は何度も何度も "頼む…殺してくれ" と言った。

そして、俺はお前の銃を受け取った。


Then, l fire your gun.It's tragic roar. Oh.
 Then, l fire your gun.


そのとき、俺はお前の銃を打った。それは悲劇の轟き。俺はお前の銃を打った。


Cold rain falls in the war front.
 This surrounding is very still.

The rain is beating against the war front debris on and on.

The building almost collapsed. And children and women were slain.

But, I must receive this painful fact. So I fight the foe.


戦地に冷たい雨が降り、周囲は静まりかえっている。

雨が戦場の瓦礫を打ち続ける。

建物は破壊され、女達と子供は殺された。

しかし、この悲惨な事実を受け止めなければならない。だから俺は敵と戦う。
 

 (Chorus) :

Then, I fire your gun. Was there not the way to help you?

Was it right that I survived in place of you? My heart is about to break down.

Still I'm sad. I always grieve and cry.


そのとき、俺はお前の銃を打った。他にお前を救う方法はなかったのか。

代わりに俺が生き残って正しかったのか。胸が張り裂けそうだ。

未だに悲しみにくれ、いつも嘆き叫んでいる。

Ah! …

Oh…ooh…oh…You're always on my mind.


あぁ…お前はいつも俺の心にいる。

(Guitar Solo)

(Verse)(Chorus) 

Ah! …

Oh…ooh…oh…You're always on my mind.


あぁ…お前はいつも俺の心にいる。

(Guitar Solo)

 


9、Sword Of Heart  (Ward , Lyrics : TARO)

溢れ出した欲望の吐き出されたScreming lust!

迷いもなく駆け抜けて行く

悪戯な言葉など、蹴散らしてくSteady faith!

自分自身で切り開け!

(Bridge) :

No bound! 追い求め Hey!

No fright! Stop running away!

(Chorus) :

We never fall back on the heroes

ためらうな Run to desire! They won’t turn up

We never fall back on the heroes

打ち破れ Run to live! Raise the sword of heart!

 

他人便りに媚びても確約されぬFuture days!

走り続けて掴み取れ!

確かな術も知らず立ち向かってくDaring dare!

昂る気持ち抑えられぬ!

(Bridge) :

No bound! 果てしなく Hey!

No fright! Stop running away!

 

(Chorus) :

We never fall back on the heroes

ためらうな Run to desire! They won’t turn up

We never fall back on the heroes

打ち破れ Run to live! Raise the sword of heart…

Yeah…wow…wow…wow…yeah…ah!

 

(Guitar Solo)

 

(Chorus) :

We never fall back on the heroes

ためらうな Run to desire! They won’t turn up

We never fall back on the heroes

打ち破れ Run to live!

We never fall back on the heroes

ためらうな Run to desire! They won’t turn up

We never fall back on the heroes

打ち破れ Run to live!

Raise the sword of heart!

Don’t rely on…Sword of heart! 

Ah! Come on!

 
10、The Dinosaurs (Ward , Lyrics : MIKEY&TARO)

We've come from the inside of thunder and lighting

Our blood is burning and seething like a flamethrower.

Bastard of a storm destroyed us one day.

Despite verging on ruin, we manage to keep alive.


雷鳴と閃光の中から我々はやってきた。

血は火炎放射器のごとく、燃えさかり、たぎっている。

ある日、最悪な嵐が我々を滅ぼさんとした。

滅亡の危機に苛まれても我々は必死に生きのびる。

(Chorus) :

Now we stand up from ground nadir.

And we raise the so roaring sound.

We stamp the ground by a so long stride.

Now we stand up from the edge of hell.


今、我々は地の底から立ち上がる。

そして、轟音をあげる。

とても大股で地面に足跡をつける。

今、我々は地獄の端から立ち上がる。


We cry the scream of anger with the fierce fire.

We kill the people who hinder us as the exclusion.

They accused us of being the mere museum pieces.

But we never lose. Because we're defenders of the honor.


我々は、獰猛な炎と共に怒りの咆哮を泣き叫ぶ。

除外物として邪魔をする奴らは殺す。

奴らは俺たちを単なる骨董品呼ばわりした。

たが、けして敗れはしない。なぜなら我々は名誉の守護者であるからだ。

(Chorus)  

(Guitar Solo) 

(Chorus) ×2

 Oh…